コピー:キュノワールの取手付き壺_No.3448

水瓶のように使われていた取手付きの壺。
フランス北部で19世紀末に造られ、Cul Noir(キュノワール)の通称で親しまれ、日々の暮らしの中で愛され続けた伝統的なフランス陶器のひとつ。
広めの口は片口造りになっています。
経年でのカケや傷がありますが、使用での漏れる事はありません。

フランス1890年頃

高さ:15.5cm 本体直径:13cm 口の直径:11cm

¥ 25,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する